1. ガイドツアーに参加するとわかる8つのいいこと(1)

ガイドツアーに参加するとわかる8つのいいこと(1)

ガイドの話に耳を傾ける

自分のことに集中できる

山は自分たちだけでも登れるかもしれません。
では、ガイドと一緒だとどんないいことがあるのでしょう?
天候予測、ルート確認、ルート状況、ペース配分、適度な水分・エネルギー補給、危険箇所の注意、天候の変化や体調に合わせたコース変更や引き返す判断など、山では刻々と変わる状況に応じた判断が求められます。
「体を使う」と思われがちですが、実は「頭も使う」んです。
そんな一端を担ってくれたりアドバイスをしてくれる心強いパートナー、と思ってみてはいかがでしょう。
ずいぶん気が楽になり、安心できるのではないでしょうか。
自分が歩くこと、自分の体調といった「自分のこと」に集中できると、山行がもっと楽しくなりそうですよね。

知識が旅を楽しくする

高原は自分たちでも散策できるかもしれません。
危ない目にも遭わないかもしれません。
では、ガイドと一緒だとどんないいことがあるのでしょう?
私は昔、個人ガイドさんに京都を案内してもらったことがあります。
お寺の歴史、まつわるエピソード、お庭の作りに秘められた意味・工夫など、自分たちで歩いただけでは気がつかなかったお話をいっぱい聞けて、旅が何倍も楽しくなりました。
例えば草花の名前だけでなく、生き物の生態、信州の歴史、文化、その土地に縁のある人、信州ならではの郷土食、地域に伝わる昔ばなしや民話など、様々な「特典つき」と思ってみてはいかがでしょう。
もっと散策が楽しくなり、豊かな時間になるのではないでしょうか。
自分たちだけでは見落としていたような色んな発見があり、気づきがあり、喜びが見つかりそうですよね。

地元のガイドと歩くとダンゼン楽しい。
ぜひ、ガイドツアーを楽しんでください。
次回へつづく。

(文・今井清)