1. 信州を歩こう

信州を歩こう

尾根から見るとまた違って見える霧ヶ峰

まずは乗り物を降りて、歩こう。

信州には豊かな自然があります。
3,000mのアルプスから里山、高原、湿原、池、川、田園風景。。。
高い山に登れる人は、高い山に挑戦してみてください。
じゃあ、高い山に登れる人しか楽しめないの?
いえいえ、里山でも高原でも森でも、気持ちのいい所はいっぱいあります。
ぜひ、乗り物を降りて、ゆっくりと歩いてみてください。
乗り物に乗っていては見逃していたものが、たくさん見えてくるはずです。
匂い、風、踏みごこち、音、色、草花、生き物。。。
せっかく信州に来たんだから、全身で自然を感じてください。

歴史にも触れてみよう。

信州には歴史を感じさせる風景があります。
旧街道、古道、城下町、宿場町、峠、旧跡、石仏、道祖神。。。
京都のような歴史や世界遺産はありません。
江戸のような華やかさはありません。
あるのは、田舎の人のほのぼのと暮らしていた様子がうかがえる、素朴な面影です。
コンクリートの街並みを離れ、スマホをカバンにしまって、そんな面影を辿ってみてはいかがですか?
自然と歴史が溶け込んだ風景を味わってみてください。

“信州時間”で過ごそう。

信州にはのどかな時間が流れています。
車に乗ってあっちの観光地、こっちのお店とせわしなくまわるのは、らしくありません。
1日山の中を歩くのもいいでしょう。
高原や湖の周りをのんびりと歩くのもいいでしょう。
ときには、お気に入りの景色のところにシートを広げ、ぼーっと眺めているのも素敵です。
森のなかで体いっぱいに深呼吸をしましょう。
オシャレなカフェでランチもいいですが、草の上に座って食べるおにぎりは、信州ならでは味わえるものでしょう。
ぜひ、時間を作って、1日ゆっくりと自然の中で過ごしてください。

もっと信州が好きになる。
もっと信州を楽しもう。

(文・今井清)