1. 新緑の奥上高地・徳沢

新緑の奥上高地・徳沢

~新緑をたっぷり堪能する奥上高地までロングトレッキング~

新緑の奥上高地・徳沢

奥上高地をたっぷり満喫できる場所へ

外国の旅行者の方が「日本の風景は『緑』が美しい」と教えてくれました。岩壁が主たるヨーロッパアルプス、針葉樹の森が広がる北欧と違い、温暖湿潤な日本は草木が育ち、豊かな森が育ちます。そんな緑の美しさが一番楽しめるのが、この季節です。
河童橋から奥へ、明神、徳沢と森の中を歩くコースは、そんな緑の中に一日身をおいて上高地の自然を満喫するのに打ってつけで、すっかりリフレッシュできることでしょう。

残雪が残る穂高連峰と新緑のコントラスト

残雪が残る穂高連峰と新緑のコントラスト

のどかな草原と険しい山並みの眺めが対照的

徳沢はかつて上高地が放牧されていた頃、最後に牧場として使われていた土地です。今でもその面影を残し、牧歌的な雰囲気が独特で、ファンが多い場所です。
そこにある徳沢園は小説「氷壁」にも出てくる宿です。その氷壁のモチーフとされている前穂高岳の険しい岩肌を見上げることができます。のどかな雰囲気の中で、絶景を見上げる絶妙なロケーション、ここにシートを広げてお昼ごはんにしましょう。
帰りは明神から吊橋を渡って梓川の対岸に渡り、明神池に立ち寄りたいと思います。穂高神社奥宮というだけあって、神聖な空気が満ち、ここがパワースポットと言われるのもきっとうなずけることでしょう。
自然の美しさ、力強さに加え、歴史、ゆかりのある人など上高地に関するエピソードもご案内しますので、より深く上高地の魅力を楽しむことができるでしょう。
上高地を堪能したい方、自然散策を楽しみたい方、山歩き初心者の方・・・、そんな皆様にお勧めのツアーです。

コース特徴:初心者向き、森、新緑、池、歴史、ロングトレッキング、信仰、パワースポット、エコツアー

期間
2018/6/12(火)~2018/7/9(月)
集合
上高地バスターミナル
解散
上高地バスターミナル
募集人数
1組限定(2名以上6名まで)
行程
【モデルプラン】
上高地バスターミナル ・・・河童橋・・・徳沢(昼食)・・・明神池・・・岳沢湿原・・・河童橋(ティータイム)・・・上高地バスターミナル
※所要時間は7時間程度(昼食、休憩含む)です
※距離は往復14km程度です
※体力、ご要望に応じてコース、時間は柔軟に変更可能です
※戻ってきた後河童橋周辺で、上高地の水で淹れたコーヒー/紅茶でティータイムを予定しています
参加費
おひとりさま 9,720円(税込み)
※参加費には、ガイド代、ガイド経費、山岳保険代が含まれています。
※実費交通費が別途必要となります。
装備
ハイキング等ができる服装、トレッキングシューズ、防寒着、レインウェア(上下別のもの)、下着(化繊の物)、帽子、手袋、タオル、昼食、行動食、飲み物、日焼け止め、サングラス、虫よけ、ストック(あると便利)、ヘッドランプ、常備薬、ザック(これらのものが入るもの)
申込締切
開催日3週間前もしくは定員になり次第締切りとさせていただきます。

集合・解散の時間、場所などは見本です。ご都合に合わせてオーダーメイドいたしますので、お気軽にご相談ください。

カレンダーの空いている日をご確認ください。メールフォームからお申し込み・お問い合わせいただく際には、「ご希望日」も合わせてご連絡ください。