1. 低山ハイクで楽しむ・マナブ山歩き講座 第2回 親海(およみ)湿原・佐野坂峠
歴史街道

低山ハイクで楽しむ・マナブ山歩き講座 第2回 親海(およみ)湿原・佐野坂峠

~古街道を歩く(1) 湿原と塩の道▽服装を確認しよう/荷物が濡れるのを防ごう~

低山ハイクで楽しむ・マナブ山歩き講座 第2回 親海(およみ)湿原・佐野坂峠

湿原と歴史街道を楽しむ

山行レベル ★☆☆☆☆
低山ハイクの楽しみ方と山歩きの基礎知識を身につけるシリーズ2回目。
自然散策と歴史散歩の両方を楽しむ欲張りツアーです。
「湿原」は植物が多く、独特の植生が楽しめます。「古街道」は峠になっているところが多く、歩くと車では見落とすような発見がたくさんあります。長野県には湿原や古街道が身近にあるので、そんな楽しみ方をご紹介します。

まずは南神城駅の近くにある親海(およみ)湿原と姫川源流自然探勝園を散策します。国道脇にあるのに一歩足を踏み入れるとまるで別世界が広がっていて、春先に咲く花々、水辺に育つ植物、珍しい湿原植物の数々を見ることができます。ゆっくりと園内を1周して、植物たちの目覚めを体で感じましょう。

その後は、佐野坂峠を越えて青木湖に向かいます。ここは「塩の道」として知られる千国街道の跡。開発が進んで旧街道の面影が残っているところはほとんどない中で、この峠は昔の雰囲気がとても感じられる場所。道の傍らには三十三番観音が点々と残り、観音様に手を合わせながら歩けば、心が洗われていくようです。
古(いにしえ)の人々に思いを馳せながら、樹間にきらめく湖面を眺めてのロングウォークは、ゆっくりと時間が流れ心癒される巡礼の旅気分を味わえるかもしれません。

道の傍らにたたずむ石仏に見守られながら

道の傍らにたたずむ石仏に見守られながら

質問が多い服装についてと、梅雨前に防水対策をご紹介

初心者の方が登山用品店に行って戸惑うのが、種類の多さと値段の高さと言います。「どれを買えばいいの?」「何が違うの?」「もっと安いのじゃダメなの?」様々な質問をよくいただきます。そんな服装について解説し、日頃の疑問にもお答えします。

また梅雨入り前に荷物が濡れるのを防ぐ方法をいくつかご紹介します。濡れるとどうなるのか?といった実例をもとに、グッズやテクニックに触れます。

険しい坂道もなく、大半が舗装路を歩くコースなので、山登りや体力に自信がない方でも安心してご参加ください。
信州の自然だけでなく歴史や文化にも触れてみたい方、自然の中に身をおいて心身を癒やしたい方、ゆっくり散策を楽しみたい方、山歩きを始めて間もない方、これから本格的に始めたい方、なんとなく山に行っていたけど改めて基本的なことを知りたい方・・・、そんな皆様にお勧めのツアーです。

ツアー特徴:初心者向き、湿原、花、旧街道、歴史、信仰、湖、峠、ハイキング、服装、防水対策

開催日
2019/05/06(月)
※開催日が過ぎているツアーです。
集合
JR信濃大町駅 8:15
解散
JR簗場駅 16:00 予定
募集人数
7名まで(4名以上で開催します)
行程
JR信濃大町駅==南神城
親海湿原・姫川源流自然探勝園(散策)・・・佐野坂峠(千国街道)・・・青木湖(昼食)・・・中綱湖・・・JR簗場駅(講習会)
参加費
おひとりさま 8,000円(税別)
※参加費には、ガイド代、ガイド経費、山岳保険代が含まれています。
※実費交通費が別途必要となります。
装備
ハイキング等ができる服装、トレッキングシューズ、防寒着、レインウェア(上下別のもの)、下着(化繊の物)、帽子、手袋、タオル、昼食、行動食、飲み物、日焼け止め、サングラス、虫よけ、ストック(必要に応じて)、ヘッドランプ、常備薬、ザック(これらのものが入るもの)、保険証のコピー、筆記用具
申込締切
開催日2週間前もしくは定員になり次第締切りとさせていただきます。

別の日程をご希望される場合、日程の調整が合えば開催可能ですので、

  • 参加人数
  • 行き先
  • ご希望日

をご記入の上、メールフォームからお問い合わせください。
その他ご不明な点など、お気軽にお問い合わせください。