1. 乗鞍岳

乗鞍岳

~夏休み真っ只中、家族で登ろう!~

開催日:2017/08/10(木)

ファミリー登山で北アルプス・乗鞍岳に挑戦です。
乗鞍高原からシャトルバスに乗って、標高2,600mの肩の小屋口で下車し、そこから肩の小屋~剣ヶ峰(3,026m)に挑戦です。
下から見る乗鞍岳は雲の中でしたが、肩の小屋口に着いてしばらくすると雲が薄くなって山頂の姿が見えてきました。「ひょっとすると、このまま晴れていてくれる!?」そんな期待がよぎります。避難小屋で登山教室のお勉強をした後、準備体操をしていざ出発!

出発前に登山の勉強

出発前に登山の勉強

見たこともない可愛らしい高山植物たちがあたりに咲いていて、目を楽しませてくれました。その向こうでは、雪渓でスキーをしている人たちの姿も。夏の暑さとは別世界の光景がそこにはありました。
肩の小屋に到着すると、山頂へ向かう人の列がずっと続いていてびっくり。今までほとんど人がいなかったのに、みんな畳平の方から上がってくるんですね。アリの行列のようでなんだか面白かったですね。だんだん雲に包まれてきて、人の列がぼんやりとしてきました。上に上がるにつれて横風が強くなり、寒いくらいになってきたので、カッパを着て寒さ対策を。

山頂まで長蛇の列が続く

山頂まで長蛇の列が続く

大きな岩がごろごろとしているし、標高が高いせいで空気が薄いので、登るのは一苦労でしたね。休みながら「あと少し」と頑張っていると、ついに到着することができました。山頂には神社があって、人が溢れかえっている様子は初もうでのようでした。記念写真を撮るのも順番待ち。お腹が空いてたけど、寒いし混んでるし落ち着かないので、すぐに下山することにしました。
下りは砂利に足を滑らせて転びそうでちょっと怖かったけど、ガスで周りが全然見えなかったので、気がついたら小屋に到着してました。肩の小屋まで降りてからお弁当を食べました。

山頂に到着

山頂に到着

下山した後、ゲストハウス雷鳥さんのご厚意でお風呂に入らせてもらいました。乗鞍の温泉は硫黄の匂いがして、これは効き目がありそうだ。汗を流して疲れも少し和らいだようで、とっても気持ちよかったですね。ありがとうございました。
真夏とは思えないほど涼しい世界、月面のような岩だらけの世界、雲の中で何にも見えない世界、かわいい花がいっぱい咲いている世界、日常生活とはまったく違った「特別な夏休みの1日」になったことでしょう。また、そんな別世界の中を実際に歩いてみて、自然のすごさ、美しさ、厳しさなどを実感したかもしれません。実際に登ったからこそ感じられることを大切に、これからも家族で山に出かけてみてください。そして、またみんなで一緒に登りましょう♪