1. 乗鞍高原でスノーシュー

乗鞍高原でスノーシュー

~スノーシーズン終了前にたっぷり雪遊び~

開催日:2018/03/18(日)

乗鞍高原でファミリー登山教室を開催しました。
この時期はまだまだ乗鞍スキー場でスキーやスノーボードが楽しめますが、スノーシューで高原や白樺林の中に入ってみる、という遊び方も楽しいです。1月頃だと寒すぎるのと、新雪で雪が深いと歩くのが大変だけど、3月は陽気がちょうど良く、雪も適度に締まっていて歩きやすいんです。グリーンシーズンだと林の中を分け入って歩くのは難しいので、この時期だからこそ楽しみ方ですね。
「スノーシューは初体験」というファミリーもいましたが、平らなところなので大丈夫! チャレンジしてみよう。

スノーシューで高原を散策しよう!

スノーシューで高原を散策しよう!

最初は少し違和感があったけど、少し歩いているうちに慣れてきましたね。このあたりは、大人より子供の方が飲み込みが早い!
慣れたら斜面を駆け下りてみたり、少し雪が深い白樺林の中に入り込んでみたり、ソリ遊びをしてみたり。普段とは違った景色が楽しめて、大人も子供もワクワク。遊んでいる時は夢中だけど、大人は明後日あたりに筋肉痛になるかも。
一面雪の世界だけど、木々はすでに新芽が膨らみ始めているものも。よ~く目を凝らして観察してみたり、触ったり、匂いを嗅いだり、耳を澄ましたり。五感を使って自然の中にとけ込んでみます。

森の中には色んな発見があります

森の中には色んな発見があります

3月になって日差しが強くなってきているので、陽があると気温以上に暖かく感じます。大鍋で豚汁を作って、みんなで輪になってお昼をいただきました。温かい豚汁が染みる~。初めて顔を合わせるメンバーでも、この頃には打ち解けあっていましたね。みんなでワイワイ言いながらお昼を食べて、童心にかえって遊ぶのはいいものですね。
午後にはアイスクリーム作りにも挑戦。気温が10℃近かったので、アイスというよりシェーク状態だったけど、ちょっと面白い体験だったね。

皆で輪になって、豚汁と一緒にお昼ごはん

皆で輪になって、豚汁と一緒にお昼ごはん

遊びながらも、家族で山に行く場合の注意点なども適宜解説しました。夢中になって怪我をしやすいケース、食べ物・飲み物の工夫、着る物の調整など、ちょっと大人が気を配る点があったりします。またグリーンシーズンで山登りに参加してもらったりすると、色々と気づくことがあると思いますよ。
皆さん無事に散策終了。遊んでいると時間が経つのがあっという間です。汗が冷えて風邪をひかないように気をつけてくださいね。
そしてせっかく新しいお友達ができたので、また次の機会もご一緒できるとうれしいです。