1. 小遠見山・白馬五竜高山植物園

小遠見山・白馬五竜高山植物園

~可憐な高山植物と白馬連峰の眺めに出会う~

開催日:2018/07/31(火)

記録的な猛暑が続いている今年の夏。こんな時は高山に行くのが一番です。
下から頑張って登っていくのもいいですが、今回はゴンドラに乗ってお手軽に高山を楽しむコースです。
しっかり山登りを楽しみつつ、珍しい高山植物の数々も楽しんでしまう欲張りプランです。

夏空

夏空が広がる朝になりました

青い空に白い雲が浮かぶ、絵に描いたような夏空が広がりました。
朝の時点ですでに「暑いな」と感じるほど日差しが強いです。
早速ゴンドラに乗って標高1,530mのアルプス平駅へ。
準備体操をしたら出発です。
眼の前には高山植物園の花々が咲き誇っています。
花を眺めながら歩いているうちに「地蔵の頭」に到着しました。

地蔵の頭

地蔵の頭

そこからは山登りがスタートしました。
階段が続き、疲労がたまってきます。
できるだけ歩幅を狭くしてゆっくりペースで登っていきます。
汗も吹き出てくるので、水分補給、塩分補給もしながら。
登山道脇には自然に生えている可愛らしい花々や実が出迎えてくれて、疲れを忘れさせてくれました。
やがて小遠見山山頂(2,007m)に到着しました。
気温が上がって雲が湧き、雲の中に入ってしまったため、パノラマは拝めませんでした。

小遠見山山頂にて

小遠見山山頂にて

少し早いですが、お昼ご飯にしました。
持ってきたおにぎりを食べている間に、手早くサラダを作りました。
「本日のそとごはん」はうちの家庭菜園で朝採ってきたばかりのきゅうり、ミニトマトを使って、少しビネガーの酸味を効かせたさっぱりサラダ。
山の上で野菜が食べられるのはうれしいですね。
ご飯を食べていると、一瞬だけ雲が晴れて、唐松岳や鹿島槍ヶ岳の姿が少しだけ見えました。

ガスが取れて少しだけ山並みが見える

ガスが取れて少しだけ山並みが見える

お腹を満たしたら下山です。
帰り道は転倒などの怪我が多いので、ゆっくり慎重に下ります。
パラグライダーが何機も飛んでいて、気持ちよさそうな飛行に目をやったり、だんだんと近づいてくる白馬村の景色を眺めたりしているうちに、高山植物園まで降りてきました。
ここではリュックを下ろして、しばらく花々を楽しみました。
高山植物の女王コマクサやヒマラヤの青いケシなど、なかなか見られない珍しい花々があって、可憐な姿に見とれてしまいました。

珍しい「白いコマクサ」の姿

珍しい「白いコマクサ」の姿も

アルプス平では思わず美味しいそうなソフトクリームをぺろり。
その後、ゴンドラで降りてきたら、○内にある温泉「龍神の湯」で汗を流し、さっぱりとして帰路に着きました。
この日も下界は暑かったですが、やっぱり標高2,000mの世界は風が気持ちよくて、しばし暑さから開放される心地よい時間を楽しむことができました。
また、ハードな登山もいいですが、その前段として手軽な山歩きをしながら、歩き方や装備などを確認する機会にもなりました。
山登り、高山植物、温泉と色々と楽しめた1日になりました。