1. 上高地・徳沢

上高地・徳沢

~盛夏の奥上高地を味わう~

開催日:2017/08/20(日)

上高地を奥へ、明神から徳沢までロングトレッキングしてきました。
1年で一番人が多い夏の上高地。河童橋には人が溢れていますが、奥へと進んでいくと人が少なくなり、静かな森を楽しむことができます。
この時期に見られる草花を観察したり、森を作っている木々に注目したり、上高地の歴史や文化に触れたりしながら歩いていきました。
明神を過ぎると観光客の姿は減り、山から下りてきた登山客とすれ違うくらい。林の中は陽射しがさえぎられ、暑くもなく寒くもなく歩くにはちょうどいい陽気でとても気持ちよかったです。
かつて牧場だった雰囲気が残っている徳沢にはテントが点々として、牧歌的な雰囲気に包まれていました。ゆっくりとお昼ごはんを食べた後、木陰にシートを広げてのんびりと。ゆっくりと流れる時間に「このままお昼寝したら最高だな」と誘惑にかられました。

のどかな雰囲気ただよう徳沢でお昼

のどかな雰囲気ただよう徳沢でお昼

帰りは明神から明神池に立ち寄りました。雲が多くて下り坂になりそうな天気だったのに陽射しが戻ってきて、目の前にそびえる明神岳の荒々しい岩肌は普段見たことがない険しさで、その迫力とともに、まさしく「神が宿る」雰囲気が感じられました。
観光客でごった返す河童橋とは違い、人が少ない明神橋は風景ともマッチして、より上高地らしい気分を味わうことができました。

大迫力の明神岳

大迫力の明神岳

穂高神社奥宮にお参りした後、明神池へ。陽射しに照らされた池はなんとも言えないエメラルドグリーンのグラデーションが浮かび上がり、しばらく見入ってしまうほどでした。あの水面から今にも神様が出てきそうな雰囲気、今まで歩いてきた森とがらっと変わった世界、自然が創り出した造形美に、驚きと感動でいっぱいです。

エメラルドグリーンのグラデーションが美しい明神池

エメラルドグリーンのグラデーションが美しい明神池

水、森のきれいさ、空気のおいしさ、静けさ、初めてみる花たち、間近で見る生き物の姿、立ち枯れの木、陽の光とのコントラスト・・・、見るものすべてに感動しながら、たっぷりとロングトレッキングを楽しんでいた様子です。
ソフトクリームやアップルパイなどのグルメも忘れず、お土産屋さんにも立ち寄って、余すところなく上高地を満喫してツアーを終了しました。
最後は疲れを軽減させるために整理体操をじっくりとやってお別れしました。また違う季節にも是非訪れて欲しいです。