1. 守屋山

守屋山

~南アルプスの北端の山に登ろう~

開催日:2017/11/19(日)

やまたみキッズついに南アルプス進出!
とはいっても一番北の端で1,650mの山、守屋山です。

夏山と違って、この時期は体温調節がとっても大切。準備体操の後、その辺りの注意点をしっかりと伝えて、気を引き締めて出発です。
立石コースは地元の方の手入れをすごく感じるコースです。どっさりと積もった落ち葉の上をしばらく歩いて行くと、巨大な岩の数々が現れました。「岩巡りコース」の名の通り、巨大な岩が楽しませてくれます。

鬼が住んでいたと言われる鬼ヶ城

鬼が住んでいたと言われる鬼ヶ城

稜線に近づくと、冷たい風に吹かれました。1枚重ね着をして、山頂を目指します。
見上げると、昨日降った雪が樹氷になって、木々についてました。それが陽に当たってキラキラと輝いて、とってもきれい。
昨日の風雪の翌日だからこそ見られた、自然の造形美に歓声が上がります。

樹氷が出迎えてくれました

樹氷が出迎えてくれました

山頂直下にある避難小屋でお昼ごはんです。各自持ってきたお弁当に加えて、ラーメンを作って食べました。寒いときに温かいラーメンは、とってもうれしいです。
みんなモリモリ食べて、元気復活です。

避難小屋でラーメンであったまる

避難小屋でラーメンであったまる

山頂からは眼下に諏訪湖、遠くに白くなった八ヶ岳、南アルプス、霧ヶ峰など360度のパノラマに感激。
「登ったぞー、いえーい!」と喜びつつ、写真を撮ったら、体が冷えないうちに撤退です。

守屋山山頂にて

守屋山山頂にて

下りはじめてしばらくすると風の裏手に入り、寒さも和らいだので、軽快に下っていきます。
「登りより、下りの方が危ないんだよ~。」と子供たちもよくわかっているので、慎重に下ります。麓に近づくと再び「落ち葉ゾーン」に入り、ふかふかの感触が楽しい。みんなで一斉に落ち葉を舞い上げると、陽に輝いた「落ち葉吹雪」になりました。

落ち葉吹雪だー!

落ち葉吹雪だー!

予定通りに、無事に下山できました。
今回は「麓は秋、山頂は冬」といった山の姿を体験することができました。氷、つらら、どんぐり、落ち葉、木の枝・・・、そこにあるものすべてが子供たちにとってはおもちゃになり、無邪気に遊びつつ、教えられるのではなく体で自然の厳しさを学び覚える、そんな1日になりました。
いよいよ季節は冬へ。冬には冬でしかできないことを、また一緒に楽しみましょう。