1. 乗鞍畳平

乗鞍畳平

~コマクサと高山植物に出会う~

開催日:2017/07/19(水)

雪が解けると、高山帯は一斉に高山植物の花々の季節を迎えます。
そんな花々をゆっくりと楽しみたいので、バスで乗鞍畳平に上がり、周辺の山々とお花畑を散策してきました。
松本市の最高気温が32℃になったこの日でしたが、畳平は13℃とびっくりするくらい涼しいので、長袖の上に1枚羽織ってもいいくらいでした。
森がなくなり、ほとんど石だらけの地面の中に咲いている高山植物は、健気な感じがなんとも可愛らしいです。
高山植物の女王・コマクサもたくさん咲いてました。

ピンクが可愛いコマクサ

ピンクが可愛いコマクサ

お花畑ではハクサンイチゲの白、コイワカガミのピンク、ミヤマキンバイの黄色など、色とりどりの花々が咲き誇っていていました。
そんな中、地味で見落としてしまいがちなクロユリが、うつむいて静かに咲いていました。
ちょうどタイミングが良く、きれいな花姿に出会うことができて、ちょっと感動。

密かに人気のクロユリ

密かに人気のクロユリ

外ではじっとしてると少し体が冷えてきてしまうので、建物の中に入ってお昼ごはん。
朝採ってきた、家で作っているきゅうりとミニトマトをツナとビネガーでさっと和えたサラダを即席で作りました。
きゅうりは水分とカリウム補給になるし、トマトは紫外線対策になるので、実はいい組み合わせ。
山で生野菜が食べられると、実はちょっとうれしいんです。

今日のそとごはんは夏野菜とツナのサラダ

今日のそとごはんは夏野菜とツナのサラダ

下界ではお目にかかれない高山植物の数々をゆっくりじっくり楽しめました。
高山帯では夏は午後になると不安定になることが多いですが、この日は雲は湧くものの穏やかに過ごせてラッキーでした。
夏の暑さをすっかり忘れて、夢のような花の世界を楽しむ1日になりました。