1. 塩の道

塩の道

~親海湿原と石仏群巡り~

開催日:2017/05/07(日)

千国(ちくに)街道、通称“塩の道”を歩いて歴史ロマンに触れたり、近くの里の自然を楽しんだり、自然・歴史・文化といった信州の魅力をゆったりと感じる1日もいいものです。
姫川源流は雪解けとともにミズバショウ、ニリンソウ、カタクリ、キクザキイチゲ、ワサビなどが一斉に花を開き、親海(およみ)湿原には珍しいミツガシワの白い花が咲き始めていました。

ミツガシワ

ミツガシワ

春の花々は雪解け~他の植物が芽吹くまでの短い間に一気に葉を出し、花を咲かせ、種を作るので、見られる時期がとても短いです。
ニリンソウの群落を眺めながらお昼を食べられるなんて、とても贅沢なひとときですね。

ニリンソウ

ニリンソウ

立派な杉並木を歩いていると、本当に昔の旅人にタイムスリップしたような気分。
バラエティー豊かな観音様に手を合わせ、きらきらときらめく青木湖を眺めていると、とっても心静まる穏やかな時間が流れていきました。

杉並木

杉並木

中綱湖畔では遅めのサクラが出迎えてくれました。
昔の風情が残る旧街道歩きと、里の自然をゆっくりと楽しむことができました。