1. 低山ハイクで楽しむ・マナブ山歩き講座 第8回 田立(ただち)の滝

低山ハイクで楽しむ・マナブ山歩き講座 第8回 田立(ただち)の滝

~名所を歩く 名瀑と木曽の銘木を楽しむ▽寒さに備えよう/トイレ問題/日頃のトレーニング~

低山ハイクで楽しむ・マナブ山歩き講座 第8回 田立(ただち)の滝

名瀑と銘木と紅葉が織りなす絶景に出会う

山行レベル ★☆☆☆☆
低山ハイクの楽しみ方と山歩きの基礎知識を身につけるシリーズ8回目。
田立の滝は南木曽町にある滝で、「県の名勝」「日本の滝百選」に選ばれている名瀑です。大滝川に沿っていくつもの滝が連続し、それらを総称して「田立の滝」と呼ばれています。遊歩道が整備され、ところによっては木道や階段、吊り橋の上を歩き、目の前の大きな滝からの水しぶきが感じられる大迫力の山歩きが楽しめます。

またあたりには樹齢300~400年くらいの立派な木曽の銘木が立ち並び、そのスケールと生命力に圧倒されることでしょう。なかなかこれだけの巨木に出会うことはないので、貴重な体験になるでしょう。木々に面白いネーミングが付けられているのでお楽しみに。針葉樹の大木、広葉樹の紅葉、滝、岩が織りなすコントラストは、木曽の山らしい秋の美しさを堪能することができます。

いくつもの滝の見ながら登った先に、切り立った不動岩が現れます。遠くに町並みを眺めた後、林道を歩いて避難小屋へ行きお昼ご飯にします。帰りは来た道をそのまま登山口まで戻り、駐車場脇にある避難小屋で講習会を開く予定です。

渓谷にかかる吊り橋

渓谷にかかる吊り橋

寒さ対策や山でのトイレ、日頃のトレーニングについて

紅葉の時期を過ぎると信州は一気に寒くなります。これからの山歩きに向けて、防寒対策について解説します。着るもの、持ち物などこれからの時期は、夏とは違った注意が必要になってきます。
また知っておきたい「山でのトイレ問題」をご紹介します。人気の高山などはトイレが整備されていることが多い一方、マイナーな里山などは登山口から頂上まで「トイレが一つもない」ということがよくあります。最近の動向やグッズなどを解説します。

また山歩きを楽しむ上で欠かせないのが「体力」です。「体力はどのくらい落ちるのか?」「日頃どんなトレーニングをすればいいのか?」など一般的なスポーツ科学の情報を交えながら解説します。

低山には高山とは違った注意点があります。トイレなどの施設の問題はその一例です。正しい知識と備え、対処法を身に着けて、安全に山を楽しみましょう。

名所歩きを楽しみたい方、巨木のスケールを感じてみたい方、山歩きを始めて間もない方、これから本格的に始めたい方、なんとなく山に行っていたけど改めて基本的なことを知りたい方・・・、そんな皆様にお勧めのツアーです。

コース特徴:初心者向き、森、滝、展望、銘木、紅葉、ハイキング、防寒対策、山でのトイレ、日頃のトレーニング、基礎知識

開催日
2019/11/02(土)
集合
JR田立駅 8:40
解散
JR田立駅 16:50 予定
募集人数
7名まで(4名以上で開催します)
行程
JR田立駅 == 粒栗駐車場
粒栗駐車場・・・不動岩展望台・・・避難小屋(昼食)・・・不動岩展望台・・・粒栗駐車場(講習会)
粒栗駐車場 == JR田立駅
参加費
おひとりさま 8,000円(税別)
※参加費には、ガイド代、ガイド経費、山岳保険代が含まれています。
※実費交通費が別途必要となります。
装備
ハイキング等ができる服装、トレッキングシューズ、防寒着、レインウェア(上下別のもの)、下着(化繊の物)、帽子、手袋、タオル、昼食、行動食、飲み物、日焼け止め、サングラス、虫よけ、ストック(必要に応じて)、ヘッドランプ、常備薬、ザック(これらのものが入るもの)、保険証のコピー、筆記用具
申込締切
開催日2週間前もしくは定員になり次第締切りとさせていただきます。

開催日が過ぎてしまったツアーや、別の日程をご希望される場合、「4名以上でお申し込み」いただき「日程の調整が合えば」開催可能ですので、

  • 参加人数
  • 行き先
  • ご希望日

をご記入の上、メールフォームからお問い合わせください。
なお、料金などツアー内容が変更になっている場合がございますので、あらかじめご了承願います。