1. 低山ハイクで楽しむ・マナブ山歩き講座 第4回 美ヶ原・武石峰(たけしみね)
高原

低山ハイクで楽しむ・マナブ山歩き講座 第4回 美ヶ原・武石峰(たけしみね)

~展望の山を歩く アルプスを眺める山歩き▽脱水を防ごう/紫外線に気をつけよう~

低山ハイクで楽しむ・マナブ山歩き講座 第4回 美ヶ原・武石峰(たけしみね)

北アルプス、中央アルプス、富士山まで楽しめる大パノラマ

山行レベル ★★☆☆☆
低山ハイクの楽しみ方と山歩きの基礎知識を身につけるシリーズ4回目。
高原、草原、牧場といったイメージが強い美ヶ原は、標高2,034mの山です。
象徴的な風景である台上牧場歩きを楽しむ方が多いですが、実は登山コースがいくつもあって色んな楽しみ方ができます。
今回は車道も通っているため歩く人が少ない「武石峰コース」を歩きます。

思い出の丘から武石峰を越えて自然保護センターへ向かう道は、この時期レンゲツツジに包まれます。また北アルプスの眺めが素晴らしいので、山の名前を確認しながら歩いてみましょう。実は美ヶ原の成り立ちのヒントも隠されてますので、驚きと発見があるかもしれません。

自然保護センターからはゴツゴツとした岩が並ぶ道を登って、電波塔が並ぶ王ヶ頭へ。ここが美ヶ原の最高地点です。のどかな景色を眺めながら昼食を済ませたら、切り立った崖の王ヶ鼻へ足を延ばします。眼下に松本平、その先にそびえる北アルプスの絶景を目に焼き付けたら、自然保護センターへ帰ります。

一面に咲き誇るレンゲツツジの中を歩く

一面に咲き誇るレンゲツツジの中を歩く

夏山シーズン前に水分補給と紫外線対策のポイント解説

自然保護センターに着いたら、暑い夏を迎える前に水分補給と紫外線対策について講習会を開きたいと思います。
熱中症対策でよく言われるように、登山中も水分補給はとても重要です。ですが見ていると上手にできていない方、間違っている方が多いです。「何を飲めばいいの?」「どのくらい飲めばいいの?」「低山ならそんなに要らないよね?」そんな疑問にお答えします。また、熱中症の症状と対処方法もご紹介します。

また山は紫外線が強いため、紫外線対策も大切なポイントです。どんな対策が必要か?やらないとどうなるか?などをご紹介します。

「低山ならそんなに気にしなくていい」と思われがちですが、決してそうではありません。高山よりむしろ低山の方がリスクが大きいトラブルについて解説します。正しい知識と備え、対処法を身に着けて、安全に山を楽しみましょう。

花の中を歩きたい方、自然の中でゆっくり1日を過ごしたい方、アルプスの眺望を楽しみたい方、山歩きを始めて間もない方、これから本格的に始めたい方、なんとなく山に行っていたけど改めて基本的なことを知りたい方・・・、そんな皆様にお勧めのツアーです。

コース特徴:初心者向き、山、高原、信仰、展望、緑、花、ハイキング、水分補給、紫外線対策、基礎知識

開催日
2019/06/29(土)
集合
思い出の丘 8:30
解散
思い出の丘 16:00 予定
募集人数
7名まで(4名以上で開催します)
行程
思い出の丘・・・武石峰・・・王ヶ頭(昼食)・・・王ヶ鼻・・・自然保護センター(講習会)
自然保護センター == 思い出の丘
※思い出の丘までの交通手段についてはご相談ください
参加費
おひとりさま 8,000円(税別)
※参加費には、ガイド代、ガイド経費、山岳保険代が含まれています。
※実費交通費が別途必要となります。
装備
ハイキング等ができる服装、トレッキングシューズ、防寒着、レインウェア(上下別のもの)、下着(化繊の物)、帽子、手袋、タオル、昼食、行動食、飲み物、日焼け止め、サングラス、虫よけ、ストック(必要に応じて)、ヘッドランプ、常備薬、ザック(これらのものが入るもの)、保険証のコピー、筆記用具
申込締切
開催日2週間前もしくは定員になり次第締切りとさせていただきます。

開催日が過ぎてしまったツアーや、別の日程をご希望される場合、「4名以上でお申し込み」いただき「日程の調整が合えば」開催可能ですので、

  • 参加人数
  • 行き先
  • ご希望日

をご記入の上、メールフォームからお問い合わせください。
なお、料金などツアー内容が変更になっている場合がございますので、あらかじめご了承願います。