1. 低山ハイクで楽しむ・マナブ山歩き講座 第7回 美ヶ原・焼山沢(やけやまさわ)
高原

低山ハイクで楽しむ・マナブ山歩き講座 第7回 美ヶ原・焼山沢(やけやまさわ)

~マイナーなルートを歩く 静かな山歩きを楽しむ▽山の選び方、情報の入手方法を知ろう/そとごはんテクニック~

低山ハイクで楽しむ・マナブ山歩き講座 第7回 美ヶ原・焼山沢(やけやまさわ)

沢沿いを歩く苔むした林が紅葉に染まる

山行レベル ★★☆☆☆
低山ハイクの楽しみ方と山歩きの基礎知識を身につけるシリーズ7回目。
上田市武石(旧小県郡武石村)の焼山沢に沿って歩き、美ヶ原の台上にある「美しの塔」を目指します。
このコースはあまり知られていないですが、苔むした沢沿いの道を歩くため、美ヶ原のまた違った一面を見ることができます。新緑の時期と紅葉の時期は特にきれいです。往復11kmほどと距離が長いですが、トガの親木、焼山滝、ヒカリゴケ、水石など面白い見どころが続くので、楽しみながら歩けるでしょう。

森を抜けると突然ぽっかりと空が広がり、牧場の中に出てきます。塩くれ場を経て「美しの塔」でお昼ご飯にします。この塔の由来やゆかりの人についてご紹介します。塔に刻まれた尾崎喜八の一節は、ここに立ってみると実に共感できるものがあり、私も大好きです。

帰りは来た道をそのまま登山口まで戻り、その後観光センターで講習会を開く予定です。

水音を聞きながら紅葉のトンネルの中を歩く

水音を聞きながら紅葉のトンネルの中を歩く

山の選び方とそとごはんのポイント解説

「次はどこへ行こうか?」考えている時が一番楽しいものです。景色、花などのお楽しみに加えて、コースタイム、難易度など体力やレベルに合っているかどうかも確認しておきたいところ。さらに低山ならではの注意点がたくさんありますので、そういった「山の選び方」について解説します。

また山では食事(そとごはん)も楽しみの一つ。高山を歩く時はエネルギー補給も食事も「手短に」ということがありますが、それを楽しめるのが低山ならではの魅力。今回は火を使わずに作れる一品おかずのアイデアを色々とご紹介します。

低山には高山にはない注意点があります。また高山ではできないような、低山だからこその楽しみ方があります。正しい知識と準備法を身に着けて、安全に山を楽しみましょう。

人が少ない静かな山歩きを楽しみたい方、そとごはんに挑戦したい方、山歩きを始めて間もない方、これから本格的に始めたい方、なんとなく山に行っていたけど改めて基本的なことを知りたい方・・・、そんな皆様にお勧めのツアーです。

コース特徴:初中級者向き、高原、滝、展望、緑、紅葉、ロングトレッキング、山の選び方、そとごはん、基礎知識

開催日
2019/10/12(土)
※開催日が過ぎているツアーです。
集合
武石観光センター 7:00
解散
武石観光センター 17:00 予定
募集人数
7名まで(4名以上で開催します)
行程
武石観光センター == 登山口
登山口・・・焼山滝・・・美しの塔(昼食)・・・焼山滝・・・登山口
登山口 == 武石観光センター(講習会)
※武石観光センターまでの交通手段についてはご相談ください
参加費
おひとりさま 8,000円(税別)
※参加費には、ガイド代、ガイド経費、山岳保険代が含まれています。
※実費交通費が別途必要となります。
装備
ハイキング等ができる服装、トレッキングシューズ、防寒着、レインウェア(上下別のもの)、下着(化繊の物)、帽子、手袋、タオル、昼食、行動食、飲み物、日焼け止め、サングラス、虫よけ、ストック(必要に応じて)、ヘッドランプ、常備薬、ザック(これらのものが入るもの)、保険証のコピー、筆記用具
申込締切
開催日2週間前もしくは定員になり次第締切りとさせていただきます。

別の日程をご希望される場合、日程の調整が合えば開催可能ですので、

  • 参加人数
  • 行き先
  • ご希望日

をご記入の上、メールフォームからお問い合わせください。
その他ご不明な点など、お気軽にお問い合わせください。